新しい時代への幕開け!新年号は何になるんだろう?

NO IMAGE

もうすぐ平成が終わり、新しい時代が幕開けをします。平成も思い返せば31年目、長い間、平成に慣れてきたので、新しい時代の響きにすぐに慣れるか心配しつつもワクワクしている今日この頃です。

特に自分自身がその日を境に何か変わるわけではないけれど、なんだか新鮮な気持ちになります。

新しい事にチャレンジしてみたくなります。

時代が変わると言うけれど、その過渡期に直面している時は余り気づかないものです。

後々、振り返ってみると、あの時がターニングポイントだったと気づかされる事が多いです。何も根拠はないけれども、今回、年号が変わる事で世の中がまた、ターニングポイントを迎えているように感じてなりません。

おそらく、私だけでなく沢山の方が同じような事を感じているのではないかと思います。新しい年号になって、気持ち一新、何かを始める方もいらっしゃるでしょう。そうゆう一人ひとりの変化が大きな変化の塊となり世の中を変えて行くのだと思います。また、平成では考えられなかった、技術や製品が世の中に出回り、平成がアッと言う間に一昔前の出来事になるのでしょう。そう考えると、すでに未来が待ち遠しいです。少し先の未来の自分が今のこの過渡期を振り返って見た時に、何を思うのかと想像すると今から本当にワクワクしてしまいます。