ブログ

子供をロボット・プログラミング教室に通わせているらしい

先日、友人が子供をロボット・プログラミング教室に通わせているらしいとのことで少し興味もあっていろいろと聞いてみました。

友人いわく、結構面白いよとのこと。

実際、住んでいる地域に実際にロボット・プログラミング教室があり、子供がロボット教室に興味深々だったこともあって、一度体験させてみようと休日に子供と一緒に行ってみたいでした。

そしてら、子供も真剣に作業に取り組んでいたみたいで我が子は子供はこういったものが好きなのかなって思ったそうです。

ロボット・プログラミング教室に通わせようか迷ったこともあるそうですが、子供が持っている力を伸ばして上げたいという気持ちもあって通うようになったそうです。

はじめからパソコンをいじったりすることなく、教材をもとに、ロボットのパーツがバラバラに置かれている状態のものを組み立てるというものだったらしいのですが、なかなかうまい組み立て方がわからず組み立ててはたらばらす作業を繰り返していたようでした。

あとのほうになると、要領が分かってきたようで組み立る時間も早くなり、真剣に組み立てている様子がよかったようで教室に通わせてみようと思ったそうです。

ほかにも教室が数か所にあったそうですが、住んでいる所の近くに教室があったので、送迎の心配もないということで通わせてみることにしたそうです。

こういった教室のメリットの自分で考える力がついてくれればとおもって今は通わせているそうです。

結局は、子供の将来を考えて、子供の脳は、こういった基礎的な力は小学生のころが一番発達する時期なので、柔軟な脳みそを十分に活かすには、この時期に習わせることが大事だと思ったようです。

いろいろと不安要素はあったようですが奥さんと話し合って習わせることになってみたいです。

そんな話を聞いて、子供のプログラミング教室が子供の頃にあったらほんとよかったなーなんて思いながら聞いていました。これからは子供のプログラミングを学ぶ時代になったんだなーと思った次第です。

窓辺の花壇に餌台を設置したら野鳥がやってきた

先日こんなことがあったんです。

新築時から何十年にも渡り使われる事も無く放置されてきた窓辺の小さな花壇。

何度か鉢花を置いてみたのですが、夏場の直射光と乾燥からすぐに枯れてしまい、それ以降何の役割も見出せず放置する以外方法が無かったのです。

ですが、最近あるとき野鳥が花壇でたまたま休んでいるときに興味を抱き始めてから考えが変わりました。つまり花壇に上手くフィットする形で餌台を設置し、キジバト等の野鳥を呼び間近で観察してみたい…と思う様になったのです。

とは言え制限も多く、一般にイメージされる様な本格的な造りの餌台には出来ません。

色々と考えた結果、花壇のボックスにキッチリ収まる形でスノコの台を置き、その上に餌箱を捻じ込んで固定し簡易餌台に仕上げる事となりました。

ホームセンターを物色したところ、幸いにも花壇のボックスにぴったりのサイズのスノコ台が見付かり、餌箱様の木箱と共に購入。

木ネジでしっかりと餌箱を固定し、花壇に押し込んで完成。

その日から早速コーンやヒエ、アワ等の餌を入れ、様子を見たのですが、最初の1週間はなにもやって来ず、本当に来るのかななんて心配になっていた、8日目の早朝、ようやくスズメやキジバトが餌箱に頭を突っ込んでいる姿を目にする事ができました。

こんな微かなことが幸せに感じることができるとは思ってもみませんでした。

Youtubeで生ライブ!新元号『令和』に決まりましたね。

新元号が『令和』に決まりましたね。

仕事中だったのですが、ついつい気になって11時20分頃にはそわそわしていました(笑)

バレないようにこっそりとyahooニュースでチェック、そのyahooニュースで出ていて動画を見ていたのですが、見ているとすぐにフリーズ…

再度読み込んでみてもイマイチ…

しびれを切らしてyoutubeなら大丈夫だろうと思いアプリを開いて検索。

やっぱりyoutubeはすごいですね。

私を含めて約10万人近くライブ配信を見ていたようですが、まったく止まることなく見ることができました。

菅官房長官が出てきて、『令和』と発表!

この歴史的な瞬間を生で見ることができて良かったです。

ほんとyoutubeさまさまでした。

あと1ヶ月で年号が変わります。これで私も3元号を跨ぐことに、何か考え深いものがありますが、こうやって時代は移り変わっていくんだなと実感しました。

年号が変わっても結局はやることは一つ。行動ですね。

新たにプログラミング『Python』を習得してみようと思っている。

あと数日で新元号が発表されるみたいですね。

そんな、時代の移り変わりを感じる今日このごろですが、最近自身のスキルアップのために新たにプログラミングを覚えようと思っています。

仕事の関係で、Matlabを使っていて、別のプログラミング言語を勉強して、プログラミングスキルの幅を広げようと思い、Pythonを独学で勉強中です。

私のようにプログラミングを勉強したいという方に勉強のアドバイスをしたいと思います。

正直、複数のプログラミング言語を習得しておいて、損はしないです。

仕事等で、新しい言語をやる必要になっても、初級から始める様な事はなく、言語的に似ている処もあるので、スキルアップは速くなると思います。

どんなことをやりたいのか、興味があるかによって、勉強するプログラミング言語は異なってくるので、インターネットで、使用ランキング、用途などを調べることも勉強になります。

参考にする本選びも重要です。

初級用、中級用、上級用とあるので、自分に合った本をインターネットで購入できるサイトで、本の評価を参考にすることも非常に役に立ちます。

今なら、インターネットで検索すると、自分でやったことをネットで公開されている方もおられ、中には、プログラムを載せて、説明されておられる方もいますので、そういった情報を有効に利用すれば良いと思います。

You Tubeでも、入門編から複数回、動画を公開されている人もいるので、昔に比べると、独学、無料でも、勉強しやすいと思います。

プログラミングをやっていて、壁にぶち当たれば、gooやyahoo等で、ルールを守って、丸投げではなく、質問すれば、丁寧に教えてもらえます。回答者の得意、不得意もありますので、ノウレス(回答が何もなし)ケースもあります。

経験から、慣れること、サンプルプログラムを真似て、徐々に、自分のものにしていくことが重要だと感じています。

今なら、ラズベリーパイを使ったIoT、機械学習、Deep Learning、Webコンテンツ作成、ビックデータ分析等、色々とあります。先日、WBSのワールドビジネスサテライトで、日本では、ビックデータ分析のプログラマー、データサイエンティストが不足していて、アメリカに比べると、企業の人材確保自体も遅れているという内容のことを放送していました。

なるほど、そうだなと思ってしまいました。

若い人、これから始めようとする人はこういった情報もウオッチしながら、勉強するのが良いと思います。

ちなみに、独学ではちょっと難しいと思っているならこちらのサイトが参考になりますよ。

イチロー選手の引退

こんにちは!

イチロー選手が現役を引退しましたね。

最後の試合を日本でできて、それを見ることができて良かったと思います。

28年という長い現役生活ほんとにお疲れ様でした。

私が中学生の頃から活躍をしていて、ずっと活躍し続けていることはほんとにすごいなと思います。

イチロー選手の引退会見の言葉として印象的だったのが

『少しずつの積み重ねしか自分を超えていけない。』という言葉、あのイチロー選手でさえ、小さな積み重ねをしてきてあの大記録という成果を出していったのではないかと思います。

私自身もなにごとにも小さな積み重ねをして更なる成長をしていかなければと思っています。

他にも

『成功するからやる、できないからやらない、という判断基準は後悔を生む。やりたいと思うから挑戦すれば、後悔はないのではないか。やりたいと思ったことに向かって生きたい』という言葉。

 

成果を求めるのではなく自分がほんとにやってみたいと思うことをやるこれが後悔を生まないのではないかと思います。成功するかしないかそんなものは関係ないような気がしてきました。

人は、いつも言い訳を探します。『成功できないから、出来るわけない』そんなことをほんとにやりたいのであらばまずは、チャレンジし、言葉として表現をして行動に移すそういった姿勢が大切なのではないかと思います。

イチロー選手だからというわけでなく人として生きてくのであればやりたいことにチャレンジをして後悔ない人生を歩んで行きたいと思います。